電気通信大学 総合情報学科

西野哲朗研究室のウェブサイトへようこそ!

Welcome to Tetsuro Nishino Laboratory, University of Electro-Communications!

西野研究室について

西野研空室では、おもにコンピュータ・再センス(計算機科学)の研究を行っています。コンピュータをより知的で高速にするために、脳科学や物理学などの原理も取り入れた、新たな情報処理の仕組みの探求を目指しています。

研究プロジェクト

現在の西野研究室は、新たなタイプの情報処理の仕組みの構築を目指して4つのテーマ「認知計算論」「量子計算論」「高性能計算」「計算論的ゲーム理論」をメインにして研究活動を行っています。

研究成果

西野研究室のこれまでの研究成果として、西野哲朗教授や共同研究者、共著者などによる著作書や論文などの執筆物、学術会議等での講演や成果発表などを紹介しています。

データアントレプレナーフェロープログラム

データアントレプレナーフェロープログラムの受講生を募集します

本プログラムは、データサイエンティストとしての素養を持ち、新たな価値を生むビジネスを創出できる人材を育成するプログラムです。専攻を問わず、特に博士後期課程学生にぜひ受講していただきたいと考えています。

UECコンピュータ大貧民大会

UECの恒例行事!日本人にはおなじみの多人数不完全情報ゲーム大会

UECコンピュータ大貧民大会(UECda)は、トランプゲームの一つである「大貧民(大富豪)」をプレイするプログラムを対戦させる大会です。この大会は 2006年度より電気通信大学で毎年開催されています。

おしらせ

サイト更新情報

2018.03.21 「データアントレプレナープログラム」案内ページを追加しました。

2016.03.29 西野研究室ウェブサイトをリニューアルしました。

アクセス

東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
京王線「調布駅」下車。調布駅北口から徒歩約10分